インプラントで食事の時間が楽しくなる

インプラントの治療で今までよりも食事の時間を楽しく過ごせるようになります。

虫歯や歯周病などの歯の病気や事故や怪我などで歯を失ってしまった場合、多く行われる治療方法はブリッジや部分入れ歯などで失われた歯を補うというものでした。
これらの治療方法は比較的はやくに歯を補うことができる反面、幾つかのデメリットもありました。

たとえば部分入れ歯ならば、歯茎の上にただ乗せただけなので安定性が悪く、食事を使用と咀嚼をしたときにグラつき、部分入れ歯を固定するための金具が歯や歯茎を圧迫して痛みを感じるなどの不快感、また部位によっては歯を固定するための金具が見えてしまい、審美性の面で気になるというものがありました。



インプラントに関する詳細はこちらです。

ブリッジは部分入れ歯とは違って歯に被せるようにして固定するので、グラつきを感じ、審美性で気になるなどの問題点はありませんが、固定する為に両隣の健康な歯を大きく削る必要があるため、健康な歯を傷つけなくてはならないという点や支えとなる歯に大きな負担がかかるという点で問題がありました。



できるだけ健康な歯を大切にしていきたい、食事を思い切り楽しみたい、毎日義歯を気にしながら生活をしたくない。

そういう願いを叶えてくれるのが、インプラントです。




インプラントの特徴は義歯を歯が支えるのではなく、顎の骨に埋め込んだ人工の歯根が支えるという点です。




天然の歯と同じように、インプラントは顎の骨に埋まった歯根が歯を支えるので、グラつきを感じることはなくしっかりと食べ物を噛み締めることができます。

さらにインプラントは食べ物を噛んだときの振動や感触が顎の骨を伝っていくので、まるで天然の歯のような感覚で食事を楽しめるのです。

食事を楽しむ上で食べ物を噛んだときの感触はとても大切です。

ざくざくとした歯ごたえ、カリカリとした触感、もちもちとした歯触りなど、食べ物を食べた時の感触があるとないとでは食事の楽しさが違います。




インプラントでしっかりと食感を楽しめるようになれば、今まで味気なかった食事の時間も更に楽しい物となるでしょう。